2017年5月12日金曜日

デルフトカラー

オランダには、デルフトという町があり、その周辺で16世紀から製造された陶器をデルフト焼と呼んでいます。
白色の釉薬を下地にして、スズ釉薬を用いて彩色、絵付けされる陶器で、白地に青色の絵柄が特徴です。
当時オランダ東インド会社を通じて中国から磁器が伝わったことがきっかけとなり、日本から輸入されていた伊万里焼の影響をも受けつつ、独特の陶器が発展、生産がおこなわれていたようです。特に青色はデルフトブルーと呼ばれています。
今回は、デルフトには行かれませんでしたが、フェルメールの生まれた町で、絵の中にも、デルフトの町やデルフト焼が描かれているようです。

これはいいものではありませんが、左下の小さな小物入れがデルフト焼です。
現在残っている有名窯元は2か所のみのようです。
白と美しい青色が素敵ですよね。
ランチョンマットやチョコレートの包み紙も、デルフト焼を思わせる色調が使用されています。

アムステルダムのスキポール空港で見たカフェの内装です。
ポットやカップの中でほっとひと息、お茶が飲めます。
デルフト焼の有名な窯元、ロイヤルデルフト提供のようです。
残念ながら、中でゆっくりできる時間がありませんでした。

デルフト焼を大切しているところがお土産ものにも表れていますが、オランダと日本を結ぶKLMオランダ航空の機体や随所にも現れています。

機内で、安全説明の動画も、デルフト焼をモチーフに構成してあり、デルフト焼の工程をうまく取り入れています。
KLMオランダ航空のコーポレートカラーはロイヤルブルーのようですが、デルフトカラーをも思わせる色調です。

キャビンアテンダントの制服もデルフトカラーです。


機内食のランチョンマット。

カップやナプキンも。

ちなみに、
出発時の服装も、偶然、白と青。
スラックスやTシャツの下のインナーも白。

伝統を大切している心が随所に見ら、大変素晴らしいことだと感激しています。
コンセプトが明確になっていると、居心地度が違いますね。

2017年5月3日水曜日

夏も近づく、、、お茶摘みボランティア

5月2日は、八十八夜でした。立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる日本独特の雑節で、この日に摘んだは上等なものとされ、このお茶を飲むと長生きするともいわれています。

豊田市は自動車産業が盛んな町ですが、お茶の生産もしています。
今日は農家さんへおじゃましてお茶摘みのボランティアに参加しました。
市内に南部の吉原町にあるお茶園でお手伝いです。

お水で手を洗い、お茶の中へ手を入れ、殺菌しました。
気持ちよかったです😉

茶園風景です。
黒色の覆いがありますが、この寒冷紗(かんれいしゃ)をかぶせることで、約70%の日光が遮断され、茶葉はしおれてしまうどころか、日光を求めて力強く葉を広げ、葉緑素をぐんと増やすそうです。さらに、茶葉の色も鮮やかな緑色に変化し、うま味成分のアミノ酸も増加。淹れたお茶の色まで良くなるのです。

茶摘みの手ほどきを受け、お手伝いをします。
一芯二葉(1つの芯と2枚の葉)を摘み取ります。
6㎝が目安で、爪を立てずに、指の腹を使い、折るようにして摘みます。

慣れている人、そうでない人さまざまですが、自分のペースで丁寧に摘み取るようにと言われました。

摘み取るお茶です。
一芯二葉ですので、一枚多いです😂

はじめは、「摘む」というより、「折る」という感じでしたが、慣れて「摘む」という動作に近づいてきました。
長さの目安は、人差指に印をつけてもらい、長くならないように注意し摘み取ります。
この緑目映い色!
お茶が可愛くみえてきました。

お隣で摘んでいた女性と時折話をしながら、楽しんで摘みました。
日本茶に興味があり、広める活動をされているそうです。
5月28日日曜日に、市内平戸橋町の民芸の森にて開催される「初夏、森のてざわり」にもお茶の講師として参加されるそうです。
なんと、帰り際にわかったことですが、この女性のご主人が以前、弊社でナイトフロントとして勤務されていたことがわかりました。
お互いに奇遇!と喜び合ったいました。

みんなで摘んだお茶の葉。
超アナログな作業が、おいしいお茶を生むのだと思います。
それなりのお値段がしても納得ですね。
このお茶の葉の先端の天ぷらが美味しいのだそうです。

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。